銀のスプーン

幼い頃の君は銀のスプーンが好きでした。時おりポケットから出しては、逆さまに映る自分を眺めていたね。躓いて転んで悲しくなった時も、しばらくすると君は、銀のスプーンを眺めてニッコリ笑っていました。

『逆さまに映るスプーン』

つまりあのスプーンは、悲しい事が楽しく映るスプーンだったんたね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>