ハレー彗星にこめられた思い

ハレー彗星がやってきた年のことです。公園の石山の上に腰掛けて、ケンちゃんのパパとママは夜空を眺めていました。流れ星が一つ過ぎるごとに二人は願いごとを唱えました。『ケンちゃんがお話できるようになりますように…』4歳のケンちゃんには言葉がなかったのです。せめてケンちゃんに『パパ』『ママ』と言ってほしい。それが二人の願いでした。

そんなある日、ケンちゃんのママが訪ねてきました。彼女は玄関にしゃがみこむと、いきなり泣き出したのです。『ケンちゃんが白血病になってしまったの。言葉なんて話さなくていいから、ケンちゃんに生きててほしい。』

彼女のハレー彗星にこめられた願いは『生きてほしい』という願いに変わりました。

あれから10年、ケンちゃんは元気に復活しました。言葉も少しずつでてきました。ケンちゃんが『今日も元気に、生きていてくれる』ことに感謝するようになってから、彼女は焦らず、諦めず子供の成長を見守るようになったと言います。

『そうしたらね、驚いたことに言葉がでてきたの!』

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>