最後のクリスマス プレゼント

IMG_1903

http://youtu.be/7nGLKi-OgWw (クリックして下さい:前半)

http://youtu.be/P-KeMmxSVm4(クリックして下さい:後半)

14年前の冬、父は癌で3度目の入院をしました。『これが最後のクリスマスかもしれない 』 そう思った私は、子供たちに徹夜でサンタさんの衣装を作りました。長男8歳、次男3歳。可愛らしい二人のサンタさんの訪問を、父はとても喜んでくれました。

 

病室で父は、童話を書いていました。それは、新しい作品ではなく、何十年も煮詰めてきた大作でした。父は戦争をテーマにした童話で賞をいただいたのですが、自分の中では、その作品は未完成だったようです。その後何度も手を加えては、書き換えていました。そして、自分自身が確実な死と向かい合った時、今まで煮詰めてきた作品が、本当に納得のいく大作となってしあがったようでした。

 

父の作品を当時小学校2年生だった長男がラジオで朗読しました。クリスマスの夜、ラジオから流れる孫の朗読を、父は満足そうに聞いていました。 父が他界したのはその一ヶ月後でした。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>