私は、長男をプレスクールどころか幼稚園に入れませんでした。理由は、当時納得のいく幼稚園が近くになかったからです。何が気に食わなかったかと言うと、ビデオを見せて時間をつぶしている幼稚園が実に多かったのです。これでは、せっかく幼稚園に入れても子供同士のコミュニケーションがとれません。一つ柔道の受け身を教える幼稚園があったので興味を持ち、何のためにやっているのか聞くと『最近の子は過保護で、親が危ない事をさせないので転んでも手が出ません。』との事でした。『なるほど!! 怪我を恐れたのではいい教育が出来ないということですね。』「その通りです!』そして、幼稚園を一通り見学して、帰り際に『この幼稚園は、受け身の練習をするとの事ですが、柔道そのものはやらないのですか?』ときくと『やりません、怪我をすると危ないので。柔道は危険なスポーツですから。最近の親は、ちょっとでも怪我をさせたらそれこそ大変です。』『???』矛盾とはまさにこの事です。地域で一番の有名幼稚園でしたが、いったいこの幼稚園は何をやりたいのでしょうか? 結局あれこれ見学して、一番納得のいくところが柔道塾でした。65歳の師範、この人の人格に惹かれたのです。それで、長男を柔道塾にぶち込みました。

 

よくお母さんたちから相談されることですが、『幼稚園のプレスクールっていれなくちゃいけないんですか?』ですが、『みんなが行くから行かなくてはいけない』と思うならやめたほうがいいですね。何度も見学して実際の授業風景を見て、園長先生とじっくりお話をして、本当に素晴らしい内容だと思ったらなら、行けばよいのではないでしょうか? そしてもう一つ、園長先生のお話をご主人がどう感じるか? これはかなり重要です。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>