Time for a HUG!

Posted August 27th, 2015 by Hikariko_Date

「ママ抱っこ!」多くのお母さんは、この言葉を聞くと正直疲れる。「さっき抱っこしたばっかりなのに、また?」そう思うのではないでしょうか? 何故そんなに「抱っこ、抱っこ!」と一日中子供が纏わり着いてくるのか? ズバリそれは、貴方のHugが子供を満たしていないから。何故、満たされないのか? それは、多くのママが疲れていて育児に余裕がないからです。ゲッソリした顔をして「はい、はい、わかりました。頼むからもうこれで最後にして!」そういう気持ちで子供を抱きしめると、何回Hugしても子供は満たされず、一日中「抱っこ!」になってしまいます。

いったい、何を改善したらいいのか? まず、生活に『メリハリ』をつけましょう。子供との間に、ruleを作りましょう、食事の準備、片付け、部屋の掃除、買い出し、洗濯… 主婦にはやらなければならないことが山ほどあることを、しっかり子供に理解させます。その時間は、『抱っこはできない!』『静かに待たなければならない』ことをしっかり言い聞かせ、約束させます。多くのママは、ここで簡単に折れてしまう。子供のワガママグズリ泣きに耐えかねて、とりあえず抱っこしてしまう。その妥協が、結局自分自身を追い込んだ育児にしてしまうことに気がつかないのです。一日中抱っこしてるから、もう疲れて笑顔もでない。結果愛情どころか、子供は疎外感すら感じてしまう… いやいやHugするぐらいなら、しないほうがマシ! それがどんなに無意味なHugか、子供を自分に、自分を夫に置き換えてみれば直ぐに分かるはず(笑)

Hugの時間を作りましょう。食事の準備、片付け、部屋の掃除、洗濯… そうした時間、子供がいい子に待つことができたらHugします。お手伝いしてくれた時。何か上手にできた時。つまり一日子供に振り回されるのではなく、こちらが時間作ります。そしてHugする時は『愛情込めて満面の笑顔で!』このメリハリが大事です。私は、子供たちをHugした時は、必ず顔にKissします。「大好きギュッギュッ、もう離さない!」このくらい大げさなリアクションが、子供には必要なのです。満たされれば、子供は自然とそこから離れ、次の行動に移ります。子供は本来遊びが大好きですから。

写真は、私の息子が2歳の時。『手にあまる2歳!!』一番親を困らせる年齢ですね!「スタンプいじっちゃダメよ!」そう言うと早速息子はスタンプで遊びだしました。反抗期ですからね!(笑)。あっという間に「どうしましょう!お部屋がスタンプだらけ!!」そして最後に、スタンプを自分のお鼻にペッタンコ! その時は、もう大慌て! 笑う余裕もありませんでした。 でも今は、この写真が一番愛おしい。 過ぎて見て初めてわかることがある、どんなにこの年齢が愛おしいか。だから大切にしてほしい、2度と戻らない今。 そして気付いてほしい、今しかできない事。

Time for a HUG!

Every hug says “ I LOVE YOU! “

animal-baby-bunnies-bunny-Favim.com-517246 IMG_2161

 

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>