焦らず・諦めず・可能性を信じて

Posted August 16th, 2015 by Hikariko_Date

先日一人のお子さんを連れて、お父さんとお母さんが相談にきました。教室に相談に来るお母さんたちが、よく口にする言葉「どれくらい掛かりますか?」私はいつもこの言葉を聞いて悲しく思います。『言葉が出るようになるまで、どれくらい掛かるか?』『字が書けるまでどれくらい掛かかるか?』多動なお子さんが『落ち着いて椅子に座れるようになるのにどれくらい掛かるか?』。子どもの発達は階段状に発達していきます。だから、全く変化や成長が見られず平行線を辿る時期があるのです。大事なことは『焦らず諦めず、我が子を信じる事』

丸一年、一言も言葉を発することのなかったMちゃん。ついに言葉が出ました。「ママ」そして「パパ」。もう、この子はやってもダメだと思った瞬間に、子供の可能性は断たれてしまう。

子供に何の進歩も見られない時は、寒い冬、死んだように見える木が寒さに耐えながら根を伸ばしている姿を思い起こしてください。やがて春が来て可愛らしい蕾をつけ、多くの花を咲かせる事でしょう。

images IMG_3115

 

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>