チャーリーブラウンのアニメに出てくるライナスは、いつも毛布を持っていますよね! ライナスは、この毛布を手放すと心理的に不安になるのですが、実際これに良く似た場面を見る事があります。幼児が感触の良いフワフワのタオル、毛布、縫いぐるみ、帽子などに執着する時は、多くの場合、心理的理由があるのです。 例えばSちゃん3歳の場合、お父さんが難しい病気で長期にわたり入院したときのことです。Sちゃんにお父さんの厳しい状況をよーく説明したところ、Sちゃんはそれをしっかり理解し泣く事もなくお母さんと離れて過ごしました。一見Sちゃんは、何事も無いようにみんなと元気に過ごしていましたが、お迎えの時間になると(みんなのママは来ても、Sちゃんのママは迎えに来れない訳ですが)自分のバックからフワフワのバスタオルを出してきて、それに包まっていました。また、最近Kちゃん(3歳)に妹が生まれました。ママの関心を引くために泣いて困らせたこともあったKちゃんですが、この日はこのフワフワ帽子をかぶって笑顔で元気に頑張っていました。つまり、ちょっと無理をして それでも自分なりに精一杯頑張っているとき、幼児にはこんな現象が出て来るのです。

こんな時大切なのは、『コミュニティとサポート』です。昔は『ご近所』というものがあり、困っている時は、ご近所の皆さんが助けてくれたものですが、現代は意図的にこれに変わるコミュニティを作っていく必要があると私は思っています。積極的にママ友サークルを作りましょう。このママ友サークルに、育児が終わって暇にしているおばあちゃまなど入れる事ができたらならベストです。

さて、問題の『ライナスの心理』ですが、静かにしているからと言って見逃さないようにしましょう。子供たちの『寂しい気持ち』がこうしたフワフワグッズに執着するわけですから、こういう時私は、SちゃんやKちゃんを抱きしめたり、膝の上にのせて本を読んだりすることにしています。つまり、スキンシップが大切なわけです。 そして頼りになるのが『友達のサポート』です。乳幼児の頃から仲間と過ごして来た子供は『空気が読める』ようになります。友達の気持ちが解るのです。 だから特別な状況にある仲間の特別扱いも、決して『ずるい!』などとは思いません。そしてさりげなく仲間をサポートしてくれます。

暖かいコミュニティ、そして仲間と一緒に乳幼児期を過ごした子供は、強く人の痛みの解る優しい子供に育って行きます。IMG_3105 search-1

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>