・子供の言葉に翻訳して

Posted April 17th, 2014 by Hikariko_Date

何でも、テキスト通りにやらなければいけないと思っているのが日本人の悪いところ。マーカス・フィスターの『にじいろの さかな 』は、キラキラしていて、二歳児の心を惹き付けます。けれど二歳児には、そのまま読むとちょっと難しい。そんなときはどうするか? 二歳児の言葉に翻訳すればよいのです。本は、書いてある通りに読まなければいけないわけではありません。私は幼児のころ、父が芥川龍之介の作品を幼児の言葉に直してお話ししてくれました。とても真剣に聞いた記憶があります。

IMG_2721

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>