物を壊す時期を経て、子供は物を作るようになります。黙々と一人で何かに取り組む事も大切ですが、グループで話し合い、協力して何かを完成させる経験を幼児期から積んでおきましょう。立方体を作るには、正方形のタイルが何枚必要か? 直方体の場合は? もっと複雑な立体になると… ? と広げていくと、遊びの中に幾何学がはいってきます。何でも大人に聞く子供がいますが、私は絶対に回答はだしません。先生に何枚必要か聞くのではなく、自分たちで話し合うことが大切です。ロケットが宇宙に飛び立つためには沢山の研究者のチームワークが必要です。しかし理数系の学生は私が大学のころからそうでしたが、対人関係が苦手です。これでは、良い研究ができません。「プレールームは何をするんですか?」と時々きかれますが、『友達と相談し、協力し何かを完成させる経験を積んでもらっています。』この素朴な遊びと経験が、20年後、素晴らしい研究につながるのです。

布おむつの時代に比べると、紙おむつの子供たちはオムツが取れるのが一年以上遅いです。快適だからです。けれど子供にもプライドがあるので、だんだん自分で取ろうと思うようになってきます。この時がチャンスです。このタイミングで、紙おむつの中に布パンツを一枚はかせると、快適な紙オムツが一気に不快なオムツになります。やってみてください。はやくオムツを取らないと!とママが焦るとプレッシャーがかかりうまくいきません。入園準備クラスの子供たち、実に簡単にオムツが取れています。まだ取れていないお子さんも、全く心配ありません。いつかは必ず出来る問題は焦らず、おおらかに見守りましょう。

・子供を騙さない

October 31st, 2013

          CRUXは、母子分離型の教室ですが、ママが子供から離れるときは、必ずしっかり説明してから離れます。子供を騙してはいけません。子供が遊んでるすきに、こっそりいなくなるのは決していい事ではありません。『ちょと買い物に行ってくるけど、すぐに帰ってくるからね!』としっかり説明して離れます。 元プロボクサーの子供が入会しました。よーく説明して、今日は試しに15分ママと離れてみました。別れ際は泣きましたが、すぐに泣き止み友達の輪の中に飛び込んでいきました。見てください!この豪快な笑い!!大事なことは、子供を騙さない事です。

          食事中、鼻をほじったり汚い話で盛り上がる二人。今日はレディーと昼食を! 何て紳士的なんでしょう! いつもは床にご飯をこぼす二人、今日は何もこぼさずお行儀よくフルコースでランチをいただきました(笑)

・自分たちで決める

October 29th, 2013

          学校の成績はとてもいいのに、全く想像力のないお子さんがいます。幼児期から、与えられたことを言われるままにやっていて、自分で考える時間がなかったのです。CRUX では『子供たちで話し合い、子供達で決める時間』を作っています。まだ言葉がない子供どうしでも、まるでピングーの世界のように、しっかりコミュニケーションをとる事ができます。『今日は、何で遊ぶ?』『みんなで何を作る?』写真は、この日は子供達が実際自分たちで話し合い、各自お家を作る事を決めました。みんな素敵なお家ができました。

・大作を仕上げる

October 26th, 2013

        万里の長城? 黙々と塀を作る2歳になったばかりのフーちゃん。誰に教えられた訳ではなく、お姉ちゃんたちのやっている事を見て覚えたのです。大人から見ればどうでもいいことを一生懸命やっているわけですが、この集中力が、将来大きな作品、大きな研究に繋がるのです。こんなときは『すごいねー!』と褒めてあげてください。

・Jake先生の英会話

October 26th, 2013

      明日も14:00〜Jake先生の英会話があります。是非参加してください。 小学生はフリートーキングの時間があるので、話す事を自分でまとめてきてください。例えば、週末何をしたか? どこへ行ったか?など。    

          例えば、お財布やカードなど、子供にはいじってほしくないものをとりあげたとき、ほしいものが手に入らないとき、自分の思い通りにならないと凄まじい勢いで泣く子供、どうやったら改善できるのか? 『毅然とした態度をとる事です』 わがままを言って凄まじい勢いで泣いているときは、静かに無視します。ヒートアップしているときに、子供は何を言っても聞こえません。泣くのも体力がいるので、ふと泣き止むところがあります。これには、20分で泣き止む子もいれば、2時間泣き続ける大物もいます(笑)この、一息ついたところでニッコリ笑って話かけます。『そうか! わがまま言うと無視されて、いい子になるとかまってもらえるんだ!』と一発で学習する飲み込みのはやい赤ちゃんと、一息つくとまた長時間泣き続ける頑固ものがいます。この頑固ものにニコニコご機嫌の赤ちゃんになってほしかったら、とにかくこちらが折れないことです。赤ちゃんがギャーギャー泣きから一息ついたところで、『ニッコリ話しかける』を根気よく繰り返します。こちらが折れなければ、どんな大物も『わがままギャーギャー泣きは、やめた方が得だ』と学習します。超大物だったHちゃん、ついに大人を困らせるのをやめ、トトロのお世話をすることに決めたようです(笑)

        今日はモモちゃんのお母さんが、お芋のケーキを焼いて来てくれました。お母さんの愛情たっぷりの贈り物、心から感謝しています。御陰さまで、CRUXでは、難しいハンディを持つお子さんも、奇跡的な成長を遂げています。いつもブログに綴っていることですが、100冊の本よりも、一人の人間から学ぶことのほうが大きいと私は思っています。子供たちへの暖かいサポート、心から感謝しています。

        幼児期に、しっかり身につけなければならない事の一つが『集中力』です。砂遊びでも、積み木でも何でもよいのです。一つの事にじっくり取り組める習慣を幼児期につけましょう。『集中力』がなければ、何を学習しても『砂上の楼閣』です!