「先生、お久しぶりです」母と子の突然の訪問!懐かしい… それは、私にとって何かビックリさせるための特別なプレゼントの様でした。『アニャモ!自分の事をそう呼んでいたっけ… たどたどしかったあの頃、可愛かったなぁ…』抱きしめようと近寄った時、右目から放つ水晶の様などこか悲しげな光… 『何があったの? アニャモ!』私は心の中で、問いかけました。「癌で、目を取り除きました… 義眼です。」とママの言葉… 「小さいけど、手術の前に説明しました。『目とバイバイするよ』って。それでも泣く事もなく手術室に入って行きました。」と彼女は話してくれました。「そうだったんですね… でも、生きてて良かった!!」『私の知らないところで難病と闘っていたアニャモ… こんなに小さいのに… 』そう思った時、涙が溢れ出た…

時として、人は人生で押し潰されそうな重荷を背負わされることがある。『どうして?』と問いただし叫びたくなる! そんな時、こう受け止めてもらえるでしょうか?『私は、人生で大きな意味を与えられた…』と。『神様は、私たちに決して背負えない重荷を背負わせる事はない』と。『全ては、私たちの中に眠っている新しい生命を呼び覚ますために…』

そして、思い浮かべてほしいのです。『あなたの上を覆う厚くどんよりとした雲の向こうには、限り無い青空が広がっている…』と それは、今はまだ見えないけれど…

12004000_854516391286006_2831321041966239024_n 12004774_854516804619298_4679033967274531377_n

天国へと続く幸せの糸

Posted September 13th, 2015 by Hikariko_Date

幼い頃から、父は私に美しい文学を幼児の言葉に翻訳して話してくれました。中でも父が繰り返し話してくれたのが、芥川龍之介の『蜘蛛の糸』です。多忙な父が、私と拘る時間を積極的に作ってくれた事を、私は心から感謝しています。勿論この原文はとても文体が美しいので、私は自分の息子には、原文も繰り返し読み聞かせました。

父は蜘蛛の糸の話を終えると 『自分の幸せだけを考えていると、いつか天国へと続く幸せの糸が手元で切れてしまうんだ… 』と幼い私に言っていました。

これと同じような意味の事を、ダライ・ラマが幸福論の中で言っています。『人の幸せのために生きる事が、自分の幸せを掴む事だ』と。

あなたは、子供に何を望んでいますか? どんな職業であっても『堅実に生き、そして幸せであって欲しい…』と… だから、幼児期から人に気遣う子供に育てたいですね。天国へと続く幸せの糸が手元で切れてしまわないように…

11659337_851477571589888_2480270549240749377_n

昨日から、海岸に打ち上げられた小さな少年の写真が、世界じゅうのFacebook をと飛び交った。その姿は眠るように安らかでした。 アラブの青年のプロフィール写真が次々とこの小さな少年の写真に… Facebookに次々と流れてくる痛ましい写真… 私は泣きながらコメントをし続けました『I pray for peace in Arab.』

毎日の育児で悩んでいるお母さん、この写真を見て自分の子供が今日も生きている事を感謝してほしい。そして『今日も、その笑顔をありがとう!』って子供に言ってみてください。『お母さんは、あなたがいるから幸せ!』って。

嘗て私が見ていた子供に、タッちゃんと言う言葉の無い子供がいました。タッちゃんのパパとママは、我が子に言葉が無い事をとても悲しんでいました。そんなある日、タッちゃんは、白血病にかかってしまったんです。その日から、タッちゃんのパパとママはタッちゃんが『生きていてくれればそれでいい』と願うようになりました。一年が過ぎ、パパとママの願いは叶い、タッちゃんは難病を克服する事が出来ました。すると、驚いた事にタッちゃんに言葉が出て来たんです。『どうして、この子は喋らないんだろう』そう思っていいた時には言葉が出なかった… しかし『今日も生きてくれてありがとう』と思うようになったとき、その気持ちが言葉を引きだしてくれた…

だから、育児でうまくいかない事があったら、原点にもどって子供の健やかな成長を感謝してほしい。そして言ってみてください『今日も、その笑顔をありがとう』って。

11951840_1641553556085625_2574874524834931347_n IMG_3517 IMG_3516

Time for a HUG!

Posted August 27th, 2015 by Hikariko_Date

「ママ抱っこ!」多くのお母さんは、この言葉を聞くと正直疲れる。「さっき抱っこしたばっかりなのに、また?」そう思うのではないでしょうか? 何故そんなに「抱っこ、抱っこ!」と一日中子供が纏わり着いてくるのか? ズバリそれは、貴方のHugが子供を満たしていないから。何故、満たされないのか? それは、多くのママが疲れていて育児に余裕がないからです。ゲッソリした顔をして「はい、はい、わかりました。頼むからもうこれで最後にして!」そういう気持ちで子供を抱きしめると、何回Hugしても子供は満たされず、一日中「抱っこ!」になってしまいます。

いったい、何を改善したらいいのか? まず、生活に『メリハリ』をつけましょう。子供との間に、ruleを作りましょう、食事の準備、片付け、部屋の掃除、買い出し、洗濯… 主婦にはやらなければならないことが山ほどあることを、しっかり子供に理解させます。その時間は、『抱っこはできない!』『静かに待たなければならない』ことをしっかり言い聞かせ、約束させます。多くのママは、ここで簡単に折れてしまう。子供のワガママグズリ泣きに耐えかねて、とりあえず抱っこしてしまう。その妥協が、結局自分自身を追い込んだ育児にしてしまうことに気がつかないのです。一日中抱っこしてるから、もう疲れて笑顔もでない。結果愛情どころか、子供は疎外感すら感じてしまう… いやいやHugするぐらいなら、しないほうがマシ! それがどんなに無意味なHugか、子供を自分に、自分を夫に置き換えてみれば直ぐに分かるはず(笑)

Hugの時間を作りましょう。食事の準備、片付け、部屋の掃除、洗濯… そうした時間、子供がいい子に待つことができたらHugします。お手伝いしてくれた時。何か上手にできた時。つまり一日子供に振り回されるのではなく、こちらが時間作ります。そしてHugする時は『愛情込めて満面の笑顔で!』このメリハリが大事です。私は、子供たちをHugした時は、必ず顔にKissします。「大好きギュッギュッ、もう離さない!」このくらい大げさなリアクションが、子供には必要なのです。満たされれば、子供は自然とそこから離れ、次の行動に移ります。子供は本来遊びが大好きですから。

写真は、私の息子が2歳の時。『手にあまる2歳!!』一番親を困らせる年齢ですね!「スタンプいじっちゃダメよ!」そう言うと早速息子はスタンプで遊びだしました。反抗期ですからね!(笑)。あっという間に「どうしましょう!お部屋がスタンプだらけ!!」そして最後に、スタンプを自分のお鼻にペッタンコ! その時は、もう大慌て! 笑う余裕もありませんでした。 でも今は、この写真が一番愛おしい。 過ぎて見て初めてわかることがある、どんなにこの年齢が愛おしいか。だから大切にしてほしい、2度と戻らない今。 そして気付いてほしい、今しかできない事。

Time for a HUG!

Every hug says “ I LOVE YOU! “

animal-baby-bunnies-bunny-Favim.com-517246 IMG_2161

 

子供の困った性質を生かす。

Posted August 22nd, 2015 by Hikariko_Date

幼児の困った性質の一つとして、『人の物がよく見える』『人の持っている物を欲しがる』と言うのがあります。特に、男の子。男の子は縄張りまで主張しますからね(笑)この困った性質にママたちは、どんなに悩まされたことでしょう。しかし、この困った性質もうまく生かせば、まんざら捨てたものではありません。例えば、ヤンチャな男の子を捕まえて勉強させるのは至難の技です! あの子達に「勉強するよ!いらっしゃ~い!」なんて言ったら、「やだよ~!!」と言われるだけです。そこで、作戦をたてましょう! これには女の子の協力が必要です。可愛らしいマドンナにペンを持たせましょう。マドンナの持つペンは、男の子たちには『魔法のペン』に見えるんですよね!(笑) ほら、集まって来ましたよ!悪ガキ軍団。『人の物がよく見える』『人の持っている物を欲しがる』性質がプラスに働く瞬間です!『僕も字を書く練習したいから、そのペン貸して!!』『僕が先に、字の練習したかったのに!!』と男の子たちは、もう喧嘩になるほど学習に意欲的です。見てください。勉強したくて泣いている男の子までいます(笑)

ところで、彼女が黒板に書いた言葉は『みんな、だいすき』。さすが彼女は冴えてますね! 男の子たちのハートまで射とめてしまいました(笑)

IMG_3441 IMG_3437 IMG_3440

 

痛い思いをして子供は賢くなる。

Posted August 22nd, 2015 by Hikariko_Date

朝早々、悪ガキのママから電話(笑)「すみません。タクマが朝やけどをしてしまいこれから病院に連れて行きます」「タクマ!ママの言うこと聞かないんだから自業自得よ!痛いおもいしなさい!(笑)」可哀想なのはママ!「今日も悪ガキ2人の育児、お疲れ様。」ヤンチャなこの双子、ちょっと目を話すと、何か危なっかしいことをやっている(笑) 日本の学校は、怪我を恐れ非常に保護された環境で子供達を預かっていますが、私はこれに反対です。男の子は、適当に怪我をしたほうがいい(笑) 私の息子は8ヶ月の時、ハイハイしていて玄関から転げ落ち大泣きしました。それ以来、彼はハイハイしていて段差のあるところにくると、手で高さをはかり、怪我をする高さだと判断するとバックして足から降りるようになりました。その一回の経験で、何処かから落ちるということが全く無くなったんです! ところで、話が逸れましたが、そのタクマが今日コンセントの差し込みに棒を突っ込もうとしていたので「タクマ、アッチッチだよ!」というと、ピタっとやめました。「よく学習しました、お利口さん!(笑)」 その横で、双子の相棒のハルヤがホヘっとした顔してる。「ハルヤ、あなたも火傷したほうがいいかもね!(笑)」

IMG_3432

焦らず・諦めず・可能性を信じて

Posted August 16th, 2015 by Hikariko_Date

先日一人のお子さんを連れて、お父さんとお母さんが相談にきました。教室に相談に来るお母さんたちが、よく口にする言葉「どれくらい掛かりますか?」私はいつもこの言葉を聞いて悲しく思います。『言葉が出るようになるまで、どれくらい掛かるか?』『字が書けるまでどれくらい掛かかるか?』多動なお子さんが『落ち着いて椅子に座れるようになるのにどれくらい掛かるか?』。子どもの発達は階段状に発達していきます。だから、全く変化や成長が見られず平行線を辿る時期があるのです。大事なことは『焦らず諦めず、我が子を信じる事』

丸一年、一言も言葉を発することのなかったMちゃん。ついに言葉が出ました。「ママ」そして「パパ」。もう、この子はやってもダメだと思った瞬間に、子供の可能性は断たれてしまう。

子供に何の進歩も見られない時は、寒い冬、死んだように見える木が寒さに耐えながら根を伸ばしている姿を思い起こしてください。やがて春が来て可愛らしい蕾をつけ、多くの花を咲かせる事でしょう。

images IMG_3115

 

Humanity and Peace

Posted August 7th, 2015 by Hikariko_Date

 

Lying beyond your daily life are the important issues.

Humanity, and peace.

終戦記念日が近ずいてきました。日本は70年の平和を保ってきましたが、世界ではいたるところで戦争をしています。アラブをどんなに空爆しても、アラブに平和は訪れません。今や、テロリスト呼ばわれされているウイグル人ですが、去年のヤルカンドの大虐殺を思うと心が痛みます。

私たちは今、『北風と太陽の教訓』を思い出すべきです。テロリストを撲滅するのではなく『なぜテロが起きるのか?』理由を知るべきでしょう。力ずくで何かをしても何も解決しません。太陽のような寛容さと暖かさこそが平和をもたらすと私は信じます。アメリカと中国が世界のリーダーを目指すなら、私は日本が世界一『愛に満ちた国』でありたい。そして私たちは、そのように子供達を育てていきましょう。

終戦から間もなく70年。私は、子供たちの笑顔いっぱいの毎日に感謝します。そして今度は、戦火で苦しむ子供たちを、私たちはサポートしていきましょう。

IMG_1994 11127923_792984517439194_1182738535_n

 

社会が求める人材を育てる

Posted July 12th, 2015 by Hikariko_Date

  
子供を有名小学校に入れたいと思う親は多い。気持ちはよくわかる。学校が崩壊する心配がなく、授業内容がいいからだ。しかし、長い目で見ると決してこれはいいことではないと私は思う。幼児期から選りすぐりのエリートの中で育ってしまうと、社会全体が見えなくなってくる。幼児期から名門校で学び現役で東大に合格した学生から、私は以前こんな意見を聞いたことがある。『自分たちが優遇されるのは当然だ。自分たちは、幼児期から人の何倍も努力をしたのだから。』この意見は一見正しように聞こえるが、本当にそうだろうか? 彼は、東京大学の学生の家庭が、日本一所得が高いことを考慮していない。全ての子供が同じ土俵に立っている訳ではない。貧困家庭の子供は、豊かな日本でもなかなかチャンスを掴めないという現実がある。

長男が中学に入学した時、中学校が崩壊していた。その時鑑別所に送られた少年が、長男に涙ながらに語ったこと『俺の両親は、一度も面会にこなかった!』。この時長男は、何故この少年が鑑別所に行くに至ったのかを理解した。想像もつかないような家庭環境で、少年は闘っていた。我が子を真に学ばせたかったら、幼児期から世の中の陰の部分も子供に見せるべきだ。例えば、学校が崩壊する背景に何があるのか? 崩壊した学校を立て直すために自分にできることは何か? 当時長男は、コンピュータークラブにいたので、パソコンを使って行方不明になったクラスの女の子の捜索も教頭先生と一緒にやっていた。学校のパソコンのゴミ箱のメールやミクシーの書き込みなどから、少女は40代の男性に連れて行かれたことを長男はつきとめた。連れ去られた場所は横浜。受験の最中だったが、私は長男が崩壊した中学校で、机の上では学べない貴重な経験をしたと思っている。
先日、新美南吉の『ごんぎつね』を読んで『ごんは、悪いことをしたのだから殺されて当然だ!』という小学生の感想文を見て私は愕然とした。この子は、頭でっかちで、心が育っていない。『東大一直線。1時間勉強したら、10分ゲームやっていいよ。』そんな親が今増えている。 毎日受験塾のプリントを予定通りこなす事で頭がいっぱいなのだ。こうした子供たちは、世の中には色んな家庭環境の子供がいる事を知らずに育つ。だから『俺たちは幼児期から人の何倍も勉強したのだから優遇されて当然だ!』という主張になるのだろう。そして彼らが人の上に立つ。どんな冷酷な社会ができるのだろう?『確かに君達は、勉強したよね!しかし君達は、人として大事な勉強をしなかったんじゃないか?』と私は言いたい。

この春から、私の次男は立教大学の国際経営学部に通っている。夏休み、多くの学生たちは海外へ行く。多くの子供たちが欧米での留学経験があり、親たちはさらに子供たちを欧米の先進国で学ばせたいと考えている。しかし大学側はアジアなどの発展途上国で学ぶことを学生たちに勧めている。つまり、日本の社会が今求めているのは、世間知らずのお坊っちゃま お嬢ちゃまのリーダーではなく、もっと生きた経験を積んだ人材だということだ。
私は両親のおかげで稀有な経験をたくさんさせてもらった。一番貴重な経験は、少女時代両親と共にブラジルに行ったことだ。発展途上国の教育支援。当時のブラジルは貧富の差が激しく、至る所裸足の少年がスナック菓子を売り歩いていた。私はそこで『靴を履けること』『学校へ行けること』は 当たり前のことではない事を知った。そして裸足でヤシの実を夢中で蹴る少年の姿を見た時、私は初めて気づいた。『ブラジルのサッカーの強さの根底には、ハングリー精神があったのか!』と。私は、我が子を名門校に入れようと必死になっているママたちに言いたい。今、社会が必要としている人材は、幼児期から一流大学目指して莫大な知識を詰め込んだ人材ではなく、幼児期から幅広い経験を積み、どんな育ち方をした人も理解し受け入れる事ができる抱擁力と、広い視野を持つ人材だ。夏休み、毎年子供と一緒に発展途上国でボランティアをする親子、もしそんな親子がいたなら、あなたのお子さんこそ将来社会が求める人材に育つのだろう。

穏やかな午後、虫や草花と戯れる子供たちと過ごしながら、最近私が思う事。

我が子のタイプを知る

Posted June 7th, 2015 by Hikariko_Date

他の子にはうまくいく方法が、我が子にはうまくいかない。育児書に書かれてる方法が、我が子には通用しない。そんな経験はありませんか? 何故そうなるのか? 育児書に書かれているのは、最も多いタイプの子供についてその対処法が書いてあるからです。子供は十人十色、まず我が子のタイプを分析するところから。左の子供と真ん中の子供は、今カード取りに夢中です。文字という物に関心がでてきたからです。『読める』『出来る』ということが楽しいのです。しかし右の子供も文字には関心がありますが、カードは断固としてとりません。この子は『人から何かをやらされている』と感じ取ったとたんに、『やってなるものか!』という気持ちが働くのです。このタイプのお子さんに、力ずくの育児は禁物です。子供と戦闘状態になってしまいます。こういうお子さんはちょっとした工夫が必要です。子供の性質が短所となるか長所となるかは、接する大人次第です。反抗児は多くの場合負けず嫌いです。だから、それを利用するのです。「今からゲームをやるよ! もしRちゃんが取れないカードがあったら、他のお友達がとっていいよ!』と決めます。すると『カードとりなど絶対にやるものか!』そう思っていたRちゃんが『このゲームに絶対に負けてなるものか、一枚も友達には取らせないぞ!』とスイッチが入ります(笑) Rちゃんは一気に顔つきが変わり、全部カードを取りました(笑)

IMG_3329